知っとこ!除雪後の道路

道路上の積雪は除雪車が寄せて、通常の通行に支障がないように道路は維持されています。

除雪車が除雪しながら通行しているときは、低速運転となりますので、その後ろにものすごい渋滞が発生します。

時々は除雪車も停車したりして、後ろのクルマを通過させるのですが、低速での作業のため除雪中はしょうがないことですね。

除雪車にはいろいろなタイプがありますので、除雪車通過後の道路のコンディションは一概にはいえませんが、雪が一掃される反面、路面がつるつるとなることも少なくないです。

* * * * * * * * * * * * * * *

冬場のバッテリー
冬は1年を通じた中でもバッテリーが上がりやすい時期です。 交換時期が近づいたバッテリーの場合特に注意が必要です。クルマを使わない日でもエンジンだけはかけるなど、放電対策が大事です。バッテリーあがりを回避するためバッテリーを早めに交換するのもいいですが、バッテリーあがりに備えてブースターケーブルを準備しておくことも大事です。.......

スパイクタイヤとは
スパイクタイヤは積雪地などで冬の間使われていたタイヤです。 タイヤに金属の鋲のようなものが装着されており、現在のスタッドレスタイヤより強力なイメージがあります。スパイクタイヤは「粉塵問題」などにより使用が禁止されました。 「粉塵問題」とは、雪解け後もスパイクタイヤを装着した自動車の走行により、路面のアスフ.....

地吹雪の中の運転
地吹雪が吹く道路を運転するときは、昼間でも視界が悪くなります。常習的に地吹雪が発生しやすい道路では、路肩などに地吹雪を防ぐための防護柵が設置されている区間もありますが、その甲斐なく視界が悪くなることもあります。非常に運転しにくい地吹雪ですが、意外に車高が高い車だと視界が晴れている場合もあります。例えば、普通車なら地吹雪で視界が悪くても、トラック.....

冬のワイパー
冬は、ゴムで覆われた冬用のワイパーを使うのが基本です。 普通のワイパーだと、雪がワイパーにくっついて、拭き取りが悪くなったり、ついた雪の重さで動きが鈍くなることも。。。長時間自動車を動かさないときは、ワイパーを立てておくことも大事です。 立てずにおいておくと、寒さのために「フロントガラス」と「ワイパーの拭き取り部分のゴム」が凍ってくっついてしまいます。寒い地域のワイパーの常識ですね。.....

安心の4WD
4WDは雪道を走るのに最適です。4WDだと運転していても安心感が違います。FFと比べてスリップしにくいですし、スリップしたときの立て直しもしやすいです。もちろん、はまったときにも4WDなら意外に簡単に脱出できることも多いですね。ちなみにFR車はかなり運転が難しいですね。 駆動輪のグリップを高めようと、トランクに重し代わりにタイヤを積ん.....

Copyright © 2007 スタッドレスタイヤの交換・換え時とは~スタッドレスタイヤの寿命~. All rights reserved